バイナリーオプションを攻略するための2つのインディケーター


  • ブログランキングならblogram

猫

最近、仕事帰りに子猫を見かけるようになりました。
毛がふわふわしてます。

チョコチョコ寄ってくるので、
いつも家から少し離れた所でご飯を置いてあげてます。
そういうことはあまりしては駄目なんでしょうけど…

親猫とはぐれたのかいつも一人ぽっちでいるので
なんか可哀想で(;_;)

早く大人になってネ。

今日はマルチタイムフレームインディケーターを使った
バイナリーオプション攻略の参考になりそうな手法です。

皆さんの温かいご支援が記事を更新する励みになります。
よろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ

マルチタイムフレームRSI

激シンプルです。
青と白の棒グラフのインディケーターは、

■fisher

です。
青の時、【買い】で
白の時は【売り】です。

一番下に表示されているのは、マルチタイムフレームのRSI。
表示されているのは、
4時間足、1時間足、15分足、5分足の4本です。
rsiperiodは2に設定しています。

基本ルールは、
【買い】の場合、

■fisherが青の表示で
 マルチタイムフレームのRSIが全ての時間足が50のラインを上抜ける。

【売り】の場合、

■fisherが白の表示で
 マルチタイムフレームのRSIが全ての時間足が50のラインを下抜ける。

実際にトレードをしていたら、
チャート上に表示されている緑の四角のポイントで買い、赤の四角のポイントで売りを
しています。

シンプルな手法ですがなかなかやりますよ( ・∀・)

このチャートでは寂しすぎると思ったらボリンジャーバンドを
加えても戦力になってくれマス。

簡単なルールでシンプルに勝つのが理想ですよね。
わたしのブログで紹介している【侍】もシンプルな手法です。
ポイントさえおさえれば誰にでも有効な手法だと思います。

YouTube Preview Image

色々試してみてくださいネ( ・∀・)b


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


2 Responses to “バイナリーオプションを攻略するための2つのインディケーター”

  1. あじさい より:

    自分も捨て猫だとみると可哀想に感じすぐに反応を示して
    しまいます。
    でも去勢や不妊手術をして責任を持てる確信がないと駄目
    なんですよね………
    毎年来るサカリの時期になると動物は本能的に交尾して
    子猫を産みます。
    半野良(誰かに餌をもらったり、生き物を捕ったりして暮らす猫)
    はどこかで猫を産んだ後は、餌が十分でないと産み捨てて、
    子猫はそのまま死んでしまう事が多いはずです。
    結局、人間の不始末で罪のない猫達が犠牲になるという
    何ともやりきれない話ですよね。

  2. あじさい より:

    ゆちさんが餌をあげているその子猫の親が半野良か野良だとして、
    他にも子猫が生まれていたはずですね
    一度に3~4匹程生まれるので。
    多分子猫を生んだ後、他の子猫は親猫が世話をせずに死んだので
    はないかと!!?
    餌が十分でないと、親猫は一部だけ世話をして後は放置する事も。
    他に、生まれてから何かの原因で死んだりする事も。
    親猫とはぐれたと言うより、もう世話が出来ないために親が放置
    したのかもです。
    猫って子猫のいる所も本能的に嗅ぎわける能力もありすぐに
    親は子猫をすぐに見つけだすものなので。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ