ボリンジャーバンドとラインブレイク オプショントレード


  • ブログランキングならblogram

aad811fb8f18674f843d006416e080e0

おはようございます。
先週は、お店が貸切営業が続きまして
ほとんどプライベートの時間が皆無でした。

お問い合わせや質問など
返信が遅れてしまいましてごめんなさいです(。>д<。) 先週は、多種多様なお問いあわせがありました。 その中で、 誰でもが勝てて勝ちやすいポイントがあれば教えてください!

ボリンジャーバンドが急激に広がった際の急上昇か急降下の時の2本目が
形成される時に5ミニッツでエントリーしてるんですけどダメですか?

というものがありました。

否定はしないですけど、
利益でいうとマイナスになるです。

あくまでも、ボリンジャーバンドのエクスパンション(σの拡大)は
トレンドの発生を予兆させるものであり、発生が確定したということでないです。

よくあるのが、エクスパンションしてトレンドが発生したと
思いきや、すぐに頭打ちして戻ってくる現象(ヘッドフェイク)があります。

簡単に言うとダマシですネ。

これを出来るだけ回避するにはどうしたらいいのか..

通常の順張りエントリーだとラインを抜けた時にエントリーします。
例えば、支持線に抑えられていたロウソク足がそのラインを下に抜けた時に
ショート(売り)ポジションを取ります。

ただ、みんなもほろ苦い経験をしたと思いますが、
ラインを抜けてもすぐ戻ってくる場合があります。
または、ライン付近で逆走する場合もあります。

その時は、そのラインが支持線の候補として間違っていた可能性もありますが、
リトレースメント(戻り)が入った可能性も考えると、
ラインを抜けて戻って来た時点では失敗かどうかわかりません。
一旦抜かれた支持線は今度は抵抗線としての機能を果たすパターンがあるからです。

そして、順張りで安全なエントリーは
その支持線が機能するときにだけエントリーするというものです。

特に、バイナリーオプションは時間判定で時間が制限されています。
勝率を重視するのならば、こういったトレード方法をしたほうが
利益をあげる最善の方法だと思います。

画像で説明すると、

ボリンジャーバンド ブレイク

すごい分かりやすいチャートです。

白線が支持線になっていて
過去に2度意識されているポイントになります。

そして、大きな陰線で支持線をブレイクしたポイントです。
ボリンジャーバンドのσも拡大しています。

トレンドの発生が起きた印象を感じます。

この時点で、売りのポジションを持つ根拠としては
支持線をブレイク・ボリンジャーバンドのσが拡大と
2つの条件が揃いましたが、まだトレンドが発生したとは限りません。
ヘッドフェイクをする可能性もまだ残っています。

少し先に進んだチャートです。

ボリンジャーバンド2

大きな陰線のあと戻ってきています。

そして、ブレイクした支持線のポイントまでロウソク足は戻って
長い上ヒゲのロウソク足を発生させて上昇の力が弱まっている
状況がうかがえます。

初心者講座の
【これだけは知っておきたいロウソク足のパターン】と似た形成をしていますね。

その後、陰線を出して下落していこうとしています。

支持線から抵抗線に切り替わったと判断出来ます。

こういった場面でエントリーするほうが、
バイナリーオプションではブレイク直後でエントリーするよりも
勝率は高くなります。

このあと、相場がどうなったかというと、

ボリンジャーバンド3

それほど勢いはないですが
下落していっています。

下降トレンドとして相場は継続していく根拠が
深まりました。

このような安全で手堅いエントリーの弱点は、
このパターンにならない場合もあり、そうすると利益を逃してしまいますが、
資金を減らさず楽にできる点です。

だけど…

手堅いエントリーや手法というものは、
そのチャンスに会う事は比較的少ないです。
でも、勝率重視、出来るだけリスク低めでエントリーするならば
これ以上の確率の高いものないと思いますよ。


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

アンカーテキスト

↑このツールが気になった方は、↑
是非ブログランキング応援ボタンの投票を頂けると嬉しいデス。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ