ボラティリティでバイナリーオプションを攻略!


  • ブログランキングならblogram

ec91a98db7e406124734da38f3067741

環境認識、通貨の分析も大事ですが
相場の変動率を把握することでさらに優位に
トレードをする根拠も深まり勝率を上げていくことが出来ます。

こんにちは

ゆちです。

今回使用するインジケーターは

ATR

になります。

MT4に最初から導入されていて、
ちゃんとした名前は【Average True Range】です。

使い方は、ADXとほぼ同じで
ATRが高い水準に位置していたら、相場が活発で値動きは大きく
低い水準の時は、相場は落ち着いていて値動きが小さいと判断します。

値動きが小さい時にトレードしても

ギリギリで負けちゃった…

とか、あると思います^^;

そこをATRをみて相場が活発で元気な時に絞って
エントリーをして少しでも勝率を上げていく..戦法です。

で、今日のUSDJPYの夕方のチャートで検証してみると

ATR1

導入しているインジケーターは

■ストキャスティクス(数値変更しています)
■ATR
■マルチ平均足(14分足を採用)

の3つだけです。

通貨の環境分析はあえてせず
このインジケーター3種類で攻めたとします。

まず、エントリーチャンスが多い^^;
騙しも多くなるので、マルチの平均足を入れています。
ピンク色の矢印がそうです。

売買ルールは、

【買いの場合】

■マルチ平均足が上昇のサインを発生
■ATRが0.01以上に位置している
■ストキャスティクスが20以下に到達したあと、ゴールデンクロス

【売りの場合】

■マルチ平均足が下降のサインを発生
■ATRが0.01以上に位置している
■ストキャスティクスが80以上に到達したあと、デットクロス

ストキャスティクスはここでは分かりやすいように
通常のテクニカルとサイン表示されるストキャスティクを使用しています。

30秒や60秒オプションには相性が
あまり良くないですが、5分や10分判定でしたら
効果は抜群です^^

ストキャスティクスの数値は
超短期にしています。

マルチのインジケーターは、別に平均足でなくても大丈夫です。
ボリンジャーバンドやパラボリック、長期の移動平均線でも代用出来ます。

使いこなせれば
かなり優秀な手法になりますよ(・∀・)


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ