トレードのしやすい・しがたい時間を見極めるべし!


  • ブログランキングならblogram

c7045171734267a3f2cd195a28cedb28

レンジ相場とトレンド相場を瞬時に見極めて
手法もその都度切り替えてバシバシトレードして勝ちまくる!

理想ですが超ミラクル困難です。
なので、自分がどの相場が得意なのかを知り、得意分野だけを絞って
トレードしたほうが利益が伸びます。

こんにちは。

ゆちです。

クリスマスが近づいてきました。
子供の頃はサンタを信じていたのでこれぐらいになると
寝る前に欲しいプレゼントをお祈りしてました。

ぁぁ、懐かしい・・

さて、題名のとおり時間帯でトレードのしやすい・しがたいを判断するのですが、人によってその時間帯はしやすい・しがたいが逆転します。

●レンジ逆張り派
●トレンド波乗り派

大きく分けたら2つの派閥があると思いますのでネ。

とりあえず、昨日から今日にかけてのUSDJPYのチャート。

レンジチャート

レンジ

トレンドチャート

トレンド

明らかトレンドが出ているか出ていないか分かりますよね。

ちなみに、このチャートのサインが表示されているインジケーターは自家製の「Compass」ってインジケーターですがトレンドが出ていないと
サインが表示されても条件が揃っていないのでトレードすらできません。

で、このレンジ相場になりやすい時間帯とはですが、

■ロンドンフィックスの日本時間午前0時(ロンドン冬時間の場合は、日本時間午前1時)から東京市場開始までの午前8~9時までは相場

毎日このようなレンジ相場になるわけではないですがなりやすい時間帯です。

ただ、レンジ相場でも攻略の仕方はあるわけで、

レンジ1

緑の数字のように

①レジスタンス
②サポート

になったような2点

赤の数字は

①②共に高値で止まったポイント

もちろん、過去のチャートから意識されているポイントから引けたら
より根拠の深いラインとして成立しますが、

ラインをやさしく引くポイントとして、2点の反発やブレイクしたポイントが
次の押し目になったポイントを見つける!

そうすると、上下に長い矢印のようになんとなくこのラインで意識されて
反復していますよね^^

そうすることで、サインのインジケーターも活用出来るってことです。
その近辺で発生した矢印で逆張りしていくって感じですね。

レンジ2

このラインでトレード出来そうなのは5点ぐらいですね。ハイ・ローなら
良い結果になってたと思います^^

ま、こんな感じで時間帯で相場に変化があるときを狙って
トレードしていくのもアリですよっ


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ