ストキャスティクスを限りなく騙しを減らしてみる①


  • ブログランキングならblogram

854f5331215577.5646106c1c51a

バイナリーオプションでストキャスティクスを使うとき、主に逆張りを用いますが、非常に騙しが多く負けるときはおなかいっぱいになるまで負け続けます。これをとことんまで騙しを軽減させる方法について。

こんにちは。

ゆちです。

ストキャスティクスは、反応が早く逆張りとして使用すると価格の反転の初動を捉えやすいですが、反応が早い変わりに騙しが多いのが特徴です。

これをいかに軽減させて勝率を高めていくかですが、
%k、%d、スローイング、これらの設定を無視しHMA移動平均線で代用します。

え、それってストキャスティクスなのか・・・

って思うでしょうし、納得もいかないと思いますが^^;
効果の有無は抜群なのです。

チャートに表示してみると、
分かりやすいようにメインチャートにストキャスティクスを表示しています。

これが、通常のストキャスティクスです。

stocastics

そして、これがHMA移動平均線を使用したストキャスティクスです。

stocastics2

上下のバンドは、ライン設定80.20にしています。
これらのラインを超えれば反転狙いの逆張りを狙っていくわけですが、どうでしょうか?
ストキャスティクスの数値は、

%k:5、%d:3、スローイング:3

HMA移動平均線は、

数値:5

になります。

エントリーポイントが減りますが、騙しも減ります。バイナリーオプションでは勝率が命ですからね。
このカスタムストキャスティクスを活用して、既存の逆張り手法と組み合わせてみると高いパーフォーマンスを得られることができます。

続きは後ほど。


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ