抵抗線・支持線、サポート・レジスタンスラインを引くのに便利なインジケーター


  • ブログランキングならblogram

59689a40179671.57751776a4f9f

ラインが引けるか、引けないかでトレード出来るポイントを見つけやすくなります。と、いうか相場の全体の動きを調べるためにはラインを引くことは必須ですのでまだ引ける自信がない方は参考にしてください。

こんにちは、ゆちです。

前回、ラインについての
質問がありました。

「レンジ相場にラインを引きたい」

とのことでした。

レンジ相場にライン・・・

ラインは、注目されている
高値・安値に線を引くだけです。

ただ引いただけでは、どの線が
重要視されているかは分かりません。

線を引いてみて、過去に同じようなポイントで
反発されているかを確認していきます。

反発しているポイントが多い線ほど
大衆心理が働いている。

”世界中のトレーダーが意識されているポイント”

となります。

この見方は、移動平均線で押し目、戻りを狙ってトレードしていくときと
同じですね。

「単にレンジ相場にラインを引きたい」

これだけでは、意識もされていないラインを引いたところで
効果がないのです。

このラインを引く方法ですが、
初心者ならどれが高値・安値が分からない
ポイントもあるはずです。

そういう時は、
MT4にあるカスタムインジケーター

「ZIGZAG」

を追加してください。

GBPJPYの日足にZIGZAGインジケーターを表示してみると、

GBPJPY

※画像をクリックすると拡大表示します

パラメーターの数値は、デフォルトで構いませんよ。

追加したことで高値・安値が分かりやすくなったと思います。
さて、これに高値・安値をさらに精査していくインジケーターがあります。
それが、これ。

GBPJPY1

白と青の2重丸になっているポイントが精査された高値・安値になります。

ちなみに、直近のサインに対して価格が更新されると、ZIGZAGと同じように再描画されるので、これでトレードが出来ませんよ。ある程度時間が経過し、サインが確定されたときに判断するためのインジケーターです。

では、このポイントを参考にしてラインを引いてみます。

GBPJPY2

1本のラインで反発されているポイントがいくつかあります。こういったラインは、投資家の目に「意識」されているということですので、次にこのラインに価格帯が近づいた時に、反発するかブレイクするか重要なポイントとなります。

では、この画像を縮小してより過去のチャートが見えるようにしてみます。

GBPJPY4

1つのラインで複数回意識されているポイントが見つかりましたね。

複数回意識されているライン=重要なレジスタンス・サポートライン

って単純に考えてください。
こういうポイントは、FX・バイナリーオプションでも戻り・押し目、またはブレイクを狙っていけるポイントになります。

そして、このチャートさらに縮小したり、週足に切り替えてみるともっと意識されている重要なラインがありましたよ^^

それは、皆さんが試してみてください。

ブログで紹介したカスタムZIGZAGインジケーターはこちらから

わたしの発行しているメルマガ登録で、無料で配布させていただきます。
このインジケーターが気になったら、メルマガ登録は無料ですのでよろしくお願いします。

メルマガ登録はこちらから


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)



  • ブログランキングならblogram

1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ