5分判定のバイナリーオプションをするなら


  • ブログランキングならblogram

870bef41159543.579ab5fe3ae40

バイナリーオプションは、取引の種類が豊富で好みの取引をされていると思いますが、5分判定のバイナリーオプションがトレードしやすいのではないでしょうか?

以前は、1分判定のバイナリーオプションを主に楽しんでいましたが、手法がそこそこ良くても取引のタイミングが遅れたりするとせっかく勝てていたポイントを取りこぼすっていうのが多々ありました。

“エントリーが遅れたらしない!”

そう心に誓っていても実際エントリーポイントが出れば、少々遅れても「大丈夫!」って思っちゃうんですよね^^;

そうならないように、タイミングが遅れても影響が少ない判定の長めのバイナリーオプションを、そして組み立てた手法がエントリータイミングで勝敗が左右されないように・・
これを念頭に作成しているわけですが。

『新定番』を5分判定メインの手法に変更しますよ

ということで、判定が推奨があやふやよりもなにかに特化した手法にしたほうが、迷わず取引出来るんではないかと思いまして、『新定番』を「5分判定」のメインの手法として強化します。

当初は、「騙し」を軽減するアイデアを追加するだけの予定でしたが、継ぎ足しで強化していくと確認事項が増えたり等、せっかくシンプルな手法を謡っているのにだんだんめんどくさい手法になりそうな気がしたのと、「騙し」を軽減できるロジックを最初から組み入れたシグナルに変更してもっとシンプルで効率の良いものにしようかと思った次第です。

そしてほぼ完成したのが、このチャートです。

shinteiban

以前の『新定番』よりもずっとチャートはシンプルになっています。
このチャートには通貨ペアのトレンドを調べるインジケーターが表示されていませんが、それは前回同様ロジックに組み込まれています。
週末の市場が終わった状態のチャートですが、このときの買いでトレードしやすいとされる通貨ペアが【USDCAD】でしたのでそのチャートを表示しています。

赤の矢印で表示されているのが、エントリーができていたポイントで、その後5分後の判定ポイントに○か×を追加しています。○が勝っていただろうポイント、×が負けていただろうポイントになります。
約1時間半で6回のトレードしかできないと不満の声が聞こえそうですが、勝率を重視していますのでそこは勘弁してください。その不満は他通貨ペアを監視すれば解消できるかと思います^^;

エントリーの条件は、

①:通貨ペアのトレンドを確認し、推奨されている通貨ペアを選ぶ

この条件は、前回同様同じです。次からの条件が少し変更されています。

《買いの場合》

②α:上矢印が表示されたら、下のインジケーターが緑色の場合、次のロウソク足の始値で取引

《売りの場合》

②β:下矢印が表示されたら、下のインジケーターが赤色の場合、次のロウソク足の始値で取引

になります。トレード開始までの確認項目を減らしてよりスムーズに取引できる仕組みにしました。

そして、今回逆張りもできるようにしました。

《逆張りの場合》

3:上(下)矢印が表示されたら、終値でロウソク足がボリンジャーバンドの-(+)σに接触しているか確認。そして下のインジケーターが黄色の場合、次のロウソク足の始値で取引

この逆張りは、エントリーの頻度はあまりありませんが、取引のチャンスを増やしました。

8月中旬には、今の『新定番』をお持ちのトレーダー様にお届けできると思います。忙しく日にちまで指定できないですが・・^^;

ちなみに、2番目にトレードしやすい通貨ペア【USDCHF】のチャートは、

shinteiban2

さっきのチャートよりエントリーは少ないですが・・
結果は良いと思います^^


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ