ボリンジャーバンドだけで勝率60%超え


  • ブログランキングならblogram

04e9c043310663-57eab13fb54bb

チャートにテクニカルを追加して検証を行い、自分の考えている手法がバイナリーオプションで通用するかを日々行っていると思います。それでも理想の手法が見つけるのはかなり難しいですよね。

こんにちは、ゆちです。

皆さん、バイナリーオプションを攻略するために日々検証を行っていると思いますけどどのようにされていますか?

チャートにテクニカルインジケーターを追加して目視で過去のチャートを振り返り検証していく方法はありますが、気の遠くなる作業ですよね。1ヶ月間の検証をこの作業で行うと相当しんどいです^^;
でも検証は行わないと資金を使って取引を行うのはかなり勇気がいると思います。

わたしは、この作業をある程度短縮して行っていますが、ちょっとおもしろい結果がありました。

ボリンジャーバンドやるなぁ

9月1日から9月30日までの1か月間をボリンジャーバンドだけで取引していたら、

%e3%83%9c%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%83%90%e3%83%b3%e3%83%89

181勝98敗2引分 勝率64.4%

≪トレード条件≫

・ゼロスプレット
・5分判定取引
・エントリー開始からローソク足10本以内にトレード条件が整っていてもトレードをしない。
・ボリンジャーバンド期間100、σ3

ボリンジャーバンドだけでもある程度の勝率が見込めれることが分かりました。ただ、継続して勝率がこれだけあるかは保証できませんけども。

ちなみに8月の成績を、同じトレード条件が検証してみると、

104勝65敗4引分 勝率60.1%

です。ペイアウト率が低いブローカーで取引してもある程度の利益は見込まれますが、裁量でトレードするとなると一番壁になるのが

『エントリー開始してからローソク足10本以内でトレード条件が整っていても取引を行わない』

簡単に言えば、ボリンジャーバンドのσにローソク足が終値でタッチしたら取引を開始するのですが、このトレード以降のローソク足10本分の間にまたトレード条件が整ってしまっても取引を行わないということです。

この条件を守るのが難しいと思います。エントリー条件が整っているのにトレードが出来ない・・・『待つ』ということはかなりのストレスになりますからね。これをいかに守れるかでこの勝率は大きくぶれてくると思います。

さあ、10月もこのロジックで通用するのか?皆さん時間があれば検証してみてくださいネ^^


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ