ロウソク足のこれだけは知っておきたいパターン①


  • ブログランキングならblogram

candle

ロウソク足だけで為替を制することは出来ませんが、
知っていれば必ず相場を読み解く「ヒント」を得られることは間違いないです。知っていて損はないので必ず覚えといたほうが良いを思います。

ロウソク足

ロウソク足を読み取る分析として酒田五法というあまりにも有名なのものがあります。
酒田五法とは、本間宗久(1724~1803年)によって編み出された手法です。

ただこれは全部覚えるのにはパターンが多すぎてとても覚えるのは難解です。
ここでは、これだけでも知っていたら分析の手助けになるだろうと
思われるパターンをおはなしします。

ロウソク足解説

上の画像はロウソク足だけのチャートです。
ここに2種類のロウソク足のパターンを加えることで、チャートの値動きの
方向がある程度分かるようになります。

ロウソク足解説印付

青い線と青枠を付け加えました。
▼青い線
 

毛抜き天井、毛抜き底

と言われるパターンです。

毛抜き底

毛抜き天井

■ロウソク足が底値圏であろうところで2個連続安値が同一、
もしくほぼ近い数値になっている場合を

「毛抜き底」

 ※この時2本のロウソク足は陰線陽線かは問われません、ようするにどの
  組み合わせでも良いということです。

毛抜き天井

毛抜き下落 

■ロウソク足が高値圏であろうところで2個連続高値が同一、
もしくほぼ近い数値になっている場合を

「毛抜き天井」

 ※この時も2本のロウソク足は陰線陽線かは問われません、こちらも
  どの組み合わせでも構いません。

この2つは共にトレンドの転換を示唆する時に現れます。

次に青い枠で囲ったロウソク足です。
▼青い枠
 

丸坊主

と言われるロウソク足です。

これは、簡単に説明しますと陽線なら下にヒゲをつけずに、
そのまま上昇していく陽線。ヒゲがないから丸坊主なんですね。
このロウソク足が現れるとその方向に継続する示唆を表します。

陽線の丸坊主

丸坊主の陽線 

陰線の丸坊主

丸坊主の陰線 

もちろんこれだけのパターンでは確実な信用は得ることは出来ません。
他のフィルターと共に分析すればより確実なトレンドの転換点、継続するポイントを
把握出来る材料になります。

※後の記事でロウソク足のパターンを組み合わせた分析方法をUPします。


  • ブログランキングならblogram

あなたの応援がブログを更新する励みになっています。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへkuma

本日のランキング応援クリックありがとうございました(*'-'*)


1日3万円稼ぐ戦略と攻略お伝えします


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ